• ミラドライとは?
    • 他の治療との比較
    • 治療の流れ
    • 治療後の経過
    • ミラドライ動画
    • わきが・多汗症について
  • ミラドライQ&A
  • クリニック概要
    • ドクター紹介
    • 来院のご予約
    • メールでのご相談
    • アクセス
  • 診療カレンダー
  • ボトックスビスタ注射療法
  • ピコトーニング(美肌治療)
  • 医療用まつ毛育毛剤
  • 刺青除去
  • 用語集
  • アンケート
  • 東北にお住まいの方
  • 資料請求
  • 来院ご予約
  • メール相談
  • ミラドライあんしんネットワーク
QR スマートフォンの方はこちらからアクセスしてください

Home > 用語集 > 漢方薬(多汗症に関した)

用語集

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

漢方薬(多汗症に関した)

多汗症は食生活、精神的なもの、肥満、遺伝性、ホルモンバランス、などの原因があります。また、発汗の場所も全身性多汗症、頭部、顔面、手、足、脇などの局所性多汗症があります。漢方はその原因を探り、治療場所を考えさらに体質を総合的に判断して漢方薬を選定します。汗腺のコントロールする力を高める、水分代謝をよくして汗を少なくする、自律神経のバランスを整えるなどの処方があります。まず精神性多汗症が原因の場合緊張によって発汗する症状となります。治療としては、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯の漢方を用いて緊張を緩和し気分を安定させるようにします。また、 食生活が原因の場合、香辛料や脂質が多い食生活で余分な熱を発生してしまうことになります。治療としては、黄連解毒湯、茵陳蒿湯の漢方薬を用いて胃腸の熱を冷ます治療になります。肥満が原因の場合、水分や体の熱が余分にでてしまう症状となります。この場合は、防已黄耆湯、防風通聖散の漢方を用いて肥満解消や水分代謝の改善をします。また、ホルモンバランスが原因の場合は更年期にみられるのぼせ、ホットフラッシュという症状となります。この場合は、加味逍遥散、女神散の漢方を用いてホルモンの安定、影響を緩和させます。
※以上の漢方薬は体質によって異なります。