• ミラドライとは?
    • 他の治療との比較
    • 治療の流れ
    • 治療後の経過
    • ミラドライ動画
    • わきが・多汗症について
  • ミラドライQ&A
  • クリニック概要
    • ドクター紹介
    • 来院のご予約
    • メールでのご相談
    • アクセス
  • 診療カレンダー
  • ボトックスビスタ注射療法
  • ピコトーニング(美肌治療)
  • 医療用まつ毛育毛剤
  • 刺青除去
  • 用語集
  • アンケート
  • 東北にお住まいの方
  • 資料請求
  • 来院ご予約
  • メール相談
  • ミラドライあんしんネットワーク
QR スマートフォンの方はこちらからアクセスしてください

Home > 用語集 > 交感神経切除手術(汗)

用語集

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

交感神経切除手術(汗)

多汗症治療の中でボトックス治療などは永続的ではありませんが、交感神経切除手術は1回の治療で完治が期待できる手術です。発汗に関係のある交感神経が活発に働くことで起こる多汗症に対して、この神経を切除し汗を抑えるという治療です。顔、手のひら、わき、足の裏と発汗に関係する神経節は場所によりそれぞれ異なっています。代表的な手のひらの多汗症治療の場合、胸部交感神経節の働きが関係するので、わきの下を切開しそこから器具を入れて神経節を切除する腹腔鏡下の手術となります。傷跡もあまり目立たず短時間で終わるので患者さんの負担が少なく治療が行えます。この手術は「胸部交感神経遮断術(ETS)」と呼ばれます。また足の裏などの多汗症については「腰部交感神経遮断術(LSE)」という手術もあります。 一方副作用として代償性発汗があげられます。手のひらの汗は、止まりますが、その他の場所の発汗が多くなるというものです。交感神経切除手術は多汗症を根本から治療できますが、副作用のリスクも視野に入れ選ぶ必要があります。