• ミラドライとは?
    • 他の治療との比較
    • 治療の流れ
    • 治療後の経過
    • ミラドライ動画
    • わきが・多汗症について
  • ミラドライQ&A
  • クリニック概要
    • ドクター紹介
    • 来院のご予約
    • メールでのご相談
    • アクセス
  • 診療カレンダー
  • ボトックスビスタ注射療法
  • ピコトーニング(美肌治療)
  • 医療用まつ毛育毛剤
  • 刺青除去
  • 用語集
  • アンケート
  • 東北にお住まいの方
  • 資料請求
  • 来院ご予約
  • メール相談
  • ミラドライあんしんネットワーク
QR スマートフォンの方はこちらからアクセスしてください

Home > 用語集 > 味覚性発汗

用語集

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

味覚性発汗

生理的なものなので治療の対象にはならない症状です。 食べたことで刺激が交感神経に伝わり、汗が出ることを言います。 主な例としては、唐辛子に含まれるカプサイシンという成分が痛覚神経を刺激し、アドレナリンを分泌させ交感神経を刺激し、発汗するという仕組みとなります。 辛いものを食べる以外にも、酸味が強くないものやチョコレートを食べた時でも味覚発汗が起こるといわれています。 味覚は嗅覚にも大きく影響を受け、さらに温度、食感も関わっていきます。 また、塩味や苦み、酸味や旨味など複合的な知覚の為、味覚性発汗を引き起こす味覚がどの要素かということは断定できません。 また、記憶とのかかわりが深いため、精神性発汗によるものも考えられます。