• ミラドライとは?
    • 他の治療との比較
    • 治療の流れ
    • 治療後の経過
    • ミラドライ動画
    • わきが・多汗症について
  • ミラドライQ&A
  • クリニック概要
    • ドクター紹介
    • 来院のご予約
    • メールでのご相談
    • アクセス
  • 診療カレンダー
  • ボトックスビスタ注射療法
  • ピコトーニング(美肌治療)
  • 医療用まつ毛育毛剤
  • 刺青除去
  • 用語集
  • アンケート
  • 東北にお住まいの方
  • 資料請求
  • 来院ご予約
  • メール相談
  • ミラドライあんしんネットワーク
QR スマートフォンの方はこちらからアクセスしてください

Home > 用語集 > 低体温症

用語集

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行ワ行

低体温症

私たちの体温の平均は約36.5℃〜37℃ですが、低体温症では体温が35℃台になる状態のことをいいます。汗腺の働きが決まる乳幼児の間に、冷房のきいた環境で汗をかかない生活を続けていると汗腺の機能が低下し低体温症になりやすくなります。低体温症になると免疫力が低下して病気になりやすく、基礎代謝も下がるので肥満の原因にもなります。精神的な面でも集中力の低下、鬱、自律神経失調症、生理不順なども招きます。 また体温が低いのに汗かきという人が増えているようです。血行不良が原因で、上半身と下半身の温度に差があることが考えられます。体を冷やさないことを前提として、適度な運動や入浴時は湯船に入って温まる、体を温める根菜類などを食べるといったことを心がけ改善していきましょう。