• ミラドライとは?
    • 他の治療との比較
    • 治療の流れ
    • 治療後の経過
    • ミラドライ動画
    • わきが・多汗症について
  • ミラドライQ&A
  • クリニック概要
    • ドクター紹介
    • 来院のご予約
    • メールでのご相談
    • アクセス
  • 診療カレンダー
  • ボトックスビスタ注射療法
  • ピコトーニング(美肌治療)
  • 医療用まつ毛育毛剤
  • 刺青除去
  • 用語集
  • アンケート
  • 東北にお住まいの方
  • 資料請求
  • 来院ご予約
  • メール相談
  • ミラドライあんしんネットワーク
QR スマートフォンの方はこちらからアクセスしてください

Home > ミラドライとは

ミラドライとは

ミラドライは外部よりマイクロ波を照射することで、皮膚を切ることなくわきが・多汗症治療を行う最新の治療法です。マイクロ(電磁)波エネルギーが、汗腺に含まれる水分子に強力に作用し、わきがや多汗症の発生原因となるエクリン腺、アポクリン腺の機能を破壊していきます。破壊された汗腺は再生しません。そのことで、手術と同じように長期間の効果をもたらします。

ミラドライの4つの魅力

主な魅力

切らないこと(非侵襲)
メスなどで直接皮膚や皮下組織を切る事がありません。そのため、わきの部分に血液が溜まったり、細菌感染などの合併症の可能性が大幅に減ります。手術に比べ、安心して治療を受けていただく事ができます。ミラドライ治療は厳格な臨床試験及び病理学的研究成果でも高い評価が得られており、米国FDA(FDA 510k Clearance)を取得しています。
傷のない審美的治療
ミラドライでは外部よりマイクロ波を照射して治療するので、皮膚表面を切りません。そのため、傷痕を残すことなく審美性を保つことができます。片側30分程度の治療になります。治療時間は、合計約60分となります。
長期間持続性のある効果
外科的な治療と同様に長期間の効果が期待できます。発汗抑制効果も治療終了直後から実感していただけます。
ダウンタイムの大幅な軽減
ミラドライ治療後ある程度の腫れはしますが、日常生活においてもほとんど問題なく過ごせます。手術に比べ、ダウンタイムが大幅に軽減されます。ただし、治療直後は激しい運動や入浴は控えていただくこととなります。

ミラドライの特徴

ミラドライは、マイクロ波を利用することで、わきが・多汗症を治療します。マイクロ波は、組織に含まれる極性分子である水分子に選択的に吸収されます。そこでエネルギーが熱に変換されます。マイクロ波による加熱は、急速で均一に加熱されるという特徴があります。

ミラドライは、水分の多い汗腺を標的として、汗腺付近にエネルギーを集中させます。またエネルギーが汗腺付近に集中するので、汗腺から離れた組織への影響を最小限に抑えることができます。

  1. 主な魅力
  2. 【1】治療対象である「エクリン腺」と「アポクリン腺」が集中する真皮下部と皮下脂肪上層へマイクロ波を照射します。冷却されている表皮から真皮は抵抗が少ないので、エネルギーはより深部へ到達します。

  3. 【2】マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。 そのことで、汗腺が存在する皮下脂肪層と真皮の境界にエネルギーが蓄積されます。 そこで、マイクロ波のエネルギーは汗腺に吸収されていきます。ミラドライシステムは厳密な研究の結果より、熱の及ぶ深さと照射幅が最適になるよう設計されています。

  4. 【3】ミラドライの治療では水分を含む汗腺が熱を帯びる為、皮膚表面にやけどをおこさないよう冷却が重要となります。ミラドライの冷却システム:ハイドロセラミック・クーリングによって表皮から真皮にかけて冷却していきます。 この冷却方法によって表皮部分は熱から保護され皮膚表面のやけどを防ぐこととなります。皮膚表面からの冷却と皮下脂肪層の抵抗によって、熱の影響はエクリン腺・アポクリン腺があるエリアに集中し、脂肪層より深部への著しいダメージはありません。

『ミラドライの照射実験(豚肉使用)』

ミラドライの照射実験

ミラドライのマイクロ波を豚肉の表皮側から照射した。 わきが・多汗症の原因である汗腺(アポクリン腺やエクリン腺)が集中している深さのみ熱エネルギーが集中している。 また、接触面の冷却機能により皮膚表面に熱の影響は見られない。