用語集

秋葉原フロンティアクリニックHome用語集

保存療法

人体に傷をつけずに行うわきがの保存療法として、まず、わき毛の処理があります。わき毛を剃ることで、汗がアポクリン汗腺から分泌されても、たまる量が少なくなります。次にアルコール消毒による方法があり、これはエタノールやイソプロパノールなどの消毒液をワキに塗ることで、皮膚の常在菌が少なくなり臭いの発生が抑制されます。わき毛の処理と組み合わせることでより効果が得られます。アルコール消毒以外にも制汗剤を使用する方法があり、これも常在菌の繁殖を抑えます。塩化アルミニウムの配合されているタイプは、発汗も抑えることもできます。この他、わきの下にボツリヌストキシンの注射をする保存療法があります。ボツリヌストキシンとは、筋肉の動きや発汗を抑制させる効果が期待できます。このボツリヌストキシンの働きにより、臭いの原因となるアポクリン汗腺や、発汗の原因であるエクリン汗腺が衰えます。繰り返し行うことで、より持続効果が期待できるようになります。

一覧に戻る

医院紹介Information

秋葉原フロンティアクリニック

所在地
〒101-0021
千代田区外神田2-3-7
アーバンファーストビル3F
TEL
03-6206-4420
FAX
03-6206-4421
受付時間
【完全予約制】
月・金 11:00~18:00
火・水・土 11:00~18:00
木・日・祝 休診
診療科目
形成外科(わきが・多汗症)

ニッポンレンタカー秋葉原営業所様、向かって右隣のビルの3階に当院があります。秋葉原フロンティアクリニック の看板が目印です。1階奥のエレベーターをご利用になりお越し下さい。(当院の入っているビル1階は福山通運様となっております。)

JR / 地下鉄日比谷線 秋葉原駅
電気街口より徒歩5分

JR / 地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅
医科歯科口より徒歩6分

[医療法人社団桂仁会]桂仁会クリニック
完全予約制

お気軽にお問い合わせください

03-6206-4420