用語集

秋葉原フロンティアクリニックHome用語集

熱中症

日光に照らされ、めまいや立ちくらみ、顔が火照る症状や吐き気、汗のかきかたがおかしい場合は、熱中症の症状の可能性があります。 対策としては、甘い清涼飲料水または炭酸ジュースではない水をとるようにします。 のどが渇く前にコップ1杯分程の水(常温)をこまめに取ることが大切です。 また、水分だけでなく、塩分と糖分をとることも重要です。 また、熱中症の場合汗を大量にかくので、こまめに下着を交換し、速乾性の下着に着替えることも効果があります。 また、ハンカチ等で汗をぬぐう場合は、汗の代わりに体温を下げる効果があるため必ず布を濡らして拭くことをお勧めします。 また、熱中症にも段階があり、めまいや手足のしびれなどの初期症状を過ぎて、汗が出なくなった場合は速やかに医療機関へ受信して頂くことをお勧めいたします。身体の体温調節機能が異常をきたしている場合がありますのでそのまま放置すると、 命の危険性があります。

一覧に戻る

医院紹介Information

秋葉原フロンティアクリニック

所在地
〒101-0021
千代田区外神田2-3-7
アーバンファーストビル3F
TEL
03-6206-4420
FAX
03-6206-4421
受付時間
【完全予約制】
月・金 11:00~18:00
火・水・土 11:00~18:00
木・日・祝 休診
診療科目
形成外科(わきが・多汗症)

ニッポンレンタカー秋葉原営業所様、向かって右隣のビルの3階に当院があります。秋葉原フロンティアクリニック の看板が目印です。1階奥のエレベーターをご利用になりお越し下さい。(当院の入っているビル1階は福山通運様となっております。)

JR / 地下鉄日比谷線 秋葉原駅
電気街口より徒歩5分

JR / 地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅
医科歯科口より徒歩6分

[医療法人社団桂仁会]桂仁会クリニック
完全予約制

お気軽にお問い合わせください

03-6206-4420