用語集

秋葉原フロンティアクリニックHome用語集

色素病変

一般的な色素病変としてシミ、ホクロ、そばかす、肝斑などがあげられます。これらはメラニンが主成分であり、メラニン濃度が非常に高い状態となっています。色素病変の原因は日光の浴びすぎによる光線ダメージ、遺伝的な要因、外的な刺激、加齢など様々なことによって引き起こされます。 治療にはレーザーを使用することで、主成分であるメラニン色素を選択的に標的として治療を行うことが可能となります。このとき周囲の正常な皮膚へのトラブルは起きません。治療後、色素病変の色が濃くなるなどすぐに変化が現れます。これは正常な反応で、治療から1週間ほどで色素が少しずつ薄くなっていきます。色素病変は他にバースマーク、色素過剰、色素性母斑、光線性角化症 などが含まれます。

一覧に戻る

医院紹介Information

秋葉原フロンティアクリニック

所在地
〒101-0021
千代田区外神田2-3-7
アーバンファーストビル3F
TEL
03-6206-4420
FAX
03-6206-4421
受付時間
【完全予約制】
月・金 11:00~18:00
火・水・土 11:00~18:00
木・日・祝 休診
診療科目
形成外科(わきが・多汗症)

ニッポンレンタカー秋葉原営業所様、向かって右隣のビルの3階に当院があります。秋葉原フロンティアクリニック の看板が目印です。1階奥のエレベーターをご利用になりお越し下さい。(当院の入っているビル1階は福山通運様となっております。)

JR / 地下鉄日比谷線 秋葉原駅
電気街口より徒歩5分

JR / 地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅
医科歯科口より徒歩6分

[医療法人社団桂仁会]桂仁会クリニック
完全予約制

お気軽にお問い合わせください

03-6206-4420